報道ファイル

富士山麓で26日、音楽祭

世界遺産富士山の麓で、今月26日、「富士の麓音楽祭」が開催される。このイベントは当国民会議が後援しており、正午から午後9時まで、富士宮市根原のハートランド朝霧で開かれる。

入場券は前売り4500円など。キャンプやバーベキューの利用申込も受け付ける。収益の一部は当会議にご寄付いただく予定。


SKMBT_C22014040914470.jpg

三保街道の横断架空線撤去

静岡市の田辺信宏市長は、4日の定例会見で、世界文化遺産三保松原に向かう県道三保駒越線(三保街道)からの富士山の眺望改善に向け、2015年度末までに約1.4キロ区間で、県道を横断する電線などの架空線を撤去する方針を明らかにした。


SKMBT_C22014040716240.jpg

静岡県富士山世界遺産センター設計業務委託契約締結

静岡県は1日、富士山世界遺産センターの設計者に公募選定した坂茂建設設計(東京都)と、正式に設計業務委託契約を締結したと発表。坂茂さんは3月24日、建築界のノーベ  ル賞といわれる米プリツカー賞を受賞している。


SKMBT_C22014040310130.jpg


 

SKMBT_C22014040311530.jpg

 

富士スバルライン開通50周年  観光と環境 両立に課題

富士北麓と5合目を結ぶ富士山有料道路(富士スバルライン)は、1日で開通50周年を迎えた。富士山の世界文化遺産登録で、一層の観光客の増加も予想される。今後、観光と環境のバランスをどう図っていくかが問われることとなる。


     SKMBT_C22014040215490.jpg

忍野八海、中学生ガイド育成

山梨県忍野村は、本年度、世界文化遺産富士山の構成資産である忍野八海を案内する「子どもふるさと案内人」を育成する。忍野八海の価値を次代に伝えていこうと企画した。


SKMBT_C22014040215110.jpg

 

 

富士山キッズ・スタディ・プログラムの授業実施状況

mtfuji_news_20140322.jpg

教材は2013年3月から5月に、
県ならびに市区町村の教育委員会のご協力のもと、
静岡県、山梨県、中央区(東京都)の全小学校に富士山KSP教材を配布し
授業での活用をお願いした。
 

教材利用に関するアンケートは、
各教育委員会のご協力いただき10~11月に配布。
12月20日までの授業実施状況についてご回答いただいた。
 
集計の結果、教材を利用した授業を411校が実施、
授業を受けた児童数は1万2千人を超えた。
実施状況は全体で、「活用した」「今後活用する」をあわせると76.2%にのぼる。

富士山 世界文化遺産へ



山梨日日新聞WEB版(Miljan) H25年5月1日(水)
富士山 世界遺産登録へ
ユネスコ諮問機関が勧告 「三保松原」除外求める

山梨、静岡両県が世界文化遺産登録を目指す富士山について、
登録にふさわしいかを調べている国際記念物遺跡会議(イコモス)は、
国連教育科学文化機関(ユネスコ)に対し、登録するよう勧告した。
構成資産のうち「三保松原」(静岡市)は除外を求めた。
文化庁が30日、発表した。

「信仰の対象」や「芸術の源泉」として
国内・海外の文化に影響を与えた富士山の価値が、イコモスの専門家に認められた。

6月にカンボジアで開かれるユネスコの世界遺産委員会で、
登録が決定される見通しだ。
「武家の古都」として文化遺産登録を目指す「鎌倉」(神奈川)は
登録しない「不記載」との勧告だった。
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2013/05/01/2.html
 



静岡新聞(アットエス) H25年5月1日(水)
富士山、世界文化遺産へ イコモスが登録勧告
 

mtfuji_news_20130501.jpg
 
政府は30日、世界文化遺産に推薦した富士山について、
構成資産の現地調査など事前評価に当たったユネスコの諮問機関イコモス(国際記念物遺跡会議)が、
世界遺産にふさわしいとして「登録」を勧告したと発表した。
6月16日からカンボジア・プノンペンで開かれるユネスコの世界遺産委員会で、
登録が正式に決定される。「武家の古都・鎌倉」は、登録しないとの勧告だった。

ただ、勧告前にイコモスが構成資産からの除外を要請した三保松原について、
構成資産から除外することが世界文化遺産登録の条件となる可能性がある。
文化庁は静岡、山梨両県と調整し、
正式決定までに三保松原の「芸術の源泉」としての価値をアピールしていくとみられる。
 
政府は、富士山が後世に受け継ぐべき人類共通の財産として
世界文化遺産にふさわしいと判断し、評価基準に照らして
「信仰の山」「芸術の源泉」としての観点で推薦書を作成した。
世界遺産を構成する資産として、三保松原をはじめ、富士山頂の信仰遺跡群、
富士山本宮浅間大社、富士五湖など計25件を推薦していた。

富士山は1990年代から自然遺産登録の運動が展開されたが実現には至らず、
2005年ごろから文化遺産を目指す動きが本格化した。両県は連携し、
推薦書の原案や包括的保存管理計画を練り上げた。政府は昨年1月末、
推薦書をユネスコに提出した。

国内の世界遺産は文化遺産12件、自然遺産4件。
2011年に、平泉の文化遺産と小笠原諸島の自然遺産が登録を果たしている。
http://www.at-s.com/news/detail/618046216.html

supported by