ニュース

勝手に恒例!11月は? そう読書月間 その1

この恒例読書月間についてはタイムリーなネタはあまりない。
日々本屋に立ち寄って富士山関連の本を買い、11月にテキストに起こす。
しかし、時にはこのようにタイムリーなネタと出会う。

山と溪谷の11月号の特集は表紙のごとく『富士山』
〜眺めるだけではわからない。日本が誇る富士のほんとうの姿をこの1冊に〜と解説が付く。
日本人の尊崇の対象である富士山を山と溪谷らしいアプローチで内容の濃い一冊に仕上がっている。
書店で発見した時のインパクトもさることながら、読み応えも掲載されている写真もさすが山と溪谷の歴史を感じさせる。

骨太の一冊をぜひお手元に。

撮影 本人

発行 山と溪谷 (2019年11月号)

価格 1,100円(税込)

すでに富士山超えてます

古い話で恐縮だが、かつてパン屋をプロデユースしていた時期があった。パンの本も制作をしていた時期には取材と称して各地の名店を巡った。
もちろん今でも新しいパン屋情報には敏感な方だと自負している。
先日、友人のパン仲間が届けてくれた情報がこちら。「すでに富士山超えてます」が彼の住む近所に開店したそうだ。

「お前、パンの情報があるぞ」と富士山ネタと合わせて送ってくれたのがこの写真。
「すでに富士山超えてます」の店名はもちろん富士山へのリスペクトだそうだ。
さらにウエブサイトには「食パン作りにかける意気込み、味と品質への自信を表現した」とある。

そこで情報提供者にメールをした。「写真を送ってくれたのはありがたいけど、肝心なパンはいつ送ってくれるのよ?」と厚かましくも返信した。
すると彼からは「商品はプレーンとレーズンの食パン2種だ」と返信。いや僕の言いたいのは種類でなく、いつ食べられるかが大切なわけ。

なんでも人気で買えないから、「買えたら《いつか》送るよ」と返信がきた。
《いつか》が「いつか来たためしがない」のは世の常だ。
こだわりの小麦粉、添加物を使わない生クリーム、宮古島の雪塩、国産バターを使用している。
その噂の商品はプレーン「最高峰」(税別800円、2斤)レーズン「御来光」(980円、2斤)だそう!

■すでに富士山超えてます
住所:静岡県静岡市葵区鷹匠2-9-4
TEL:054-255-3222
営業時間:10時~18時
定休日:不定休
https://fujisan-koetemasu.com/

自分で作る消しゴム?

文房具好きが多いという話をよく聞くし、知り合いのイベントプロデユーサーはその文房具好きを対象にした文房具サミットを毎年主催して、大いに文房具業界を盛り上げている。
数十円で買えるものから高級万年筆まで、そして子供から大人までが夢中になる文房具の魅力とは、一体いかなるものなのだろうか?

職場から近い場所にある銀座伊東屋はまさに文房具好きの聖地だし、聖地に行かなくても近所の昔ながらの文房具店に行くだけで、必ず「ついで買い」をしてしまう。
鉛筆なんて最近使わないのに、かっこいいシャープナー(鉛筆削り)を買ったり、紙の書類がなくなっているにもかかわらず、保存用のファイルを買ってしまう。
「魅力は何か?」の答えにはあまりなっていないかもしれないが、仕事をするデスクの上には少なからず、仕事疲れを和ませてくれる存在としての文房具があると思う。
パソコンで資料を作成しているので ほぼ消しゴムは必要ないが、私の机には幾つもの消しゴムや鉛筆がある。

家族からは「また買ったの?」と冷ややかな眼を向けられることも多々ある。
だけど買ってしまう。
まあ要するにコンビニエンスストアのレジ横にある100円のお饅頭みたいな存在だ。
このようについつい買ってしまうのが文房具の魅力の一つにちがいない。

そしてもう一つは嗜好品としても文房具が存在するのも確かだろう。
ほとんど使用しないが胸ポケットにモンブランをさしている人を見かけるが、これも文房具は筆記具としてより、胸元を飾るアクセサリーになっている。
私もインクを入れた万年筆が一度も使わないうちにインクを蒸発させたことがある。この時も妻の視線は冷ややかだった。「使わないくせに」と言葉には出さなくとも、目が物語っていた。

ということで富士山の消しゴム!
詳しくはウエブサイトをご覧いただくとして「自分で作る富士山消しゴム」。

文字を消すことはしばらくなさそうですが、これはアリ!です

商品案内はこちら
https://bungu.plus.co.jp/special/st/2019/fujisan/

パンケーキとホットケーキ

パンケーキが好きだ。焼きたてのパンケーキの上にメイプルシロップをかけて食べる幸せ。カロリーなんて気にしてはいられない。

しかし、私のような昭和生まれにとっては「パンケーキ?ホットケーキだろ!」と言いたくなるが、「じゃあ、パンケーキとホットケーキの違いは?」と聞かれても答える術を知らない。
解説しているものもあるが、パンケーキはベーコンやスクランブルが添えられていて、あまり甘くないとか、実は明確な区別はない(と思う)。
子供の頃は母が作ってくれる森永製菓のホットケーキミックスが定番だった。
以前、どうしてもその当時のホットケーキを味わいたく、妻にホットケーキミックスを買ってもらい作って食べたが、なんとなく当時の味とは違う気がした。記憶の味覚とはそんなものなのだろう。
今、巷ではパンケーキの店も数多くあり、人気店などは行列ができていて、食べたくてもなかなかパンケーキにたどり着けない場合もある。
ここの店もいつも大勢の人で賑わっている。
河口湖で宿泊するのはいつもの登り坂ホテル。
その1階に昨年オープンしたのが富士山の溶岩窯で焼き上げる富士山パンケーキ屋さん。
行こう行こうと思っていたが、今年はなかなか行く機会に恵まれず、やっと出向いたが混んでいたので諦めて帰ろうとすると、妻はそれでもせっかく来たんだから食べようと強いリクエストを受け、店で並んだ。
もちろん並んだ甲斐はあったので、満足のパンケーキだったのは言うまでもない。しかし改めて、母の作ってくれたホットケーキが懐かしくもあり、少しだけほろ苦い気持ちになった。

追伸
「パンケーキとホットケーキ問題」、アメリカではホットケーキでは通じないことがある。

撮影 本人
公式サイト https://fujisanpancake.com

駆け込み買い物

10月になり消費税が10%になった。
高い買い物に縁のない私も家族に付き合わされて、コストコに日用品の買い物に向かった。
店内は凄まじい人で、あと数日すれば店も空くのだろうなあと一人ブツブツ言いながらカゴを山盛りにしてレジに行き、洗剤やトイレットペーパー、さらにワイン、一体我が家はどれだけ洗濯をするんだと一人ツッコミを入れた。
今思い出されるのは消費税がない時代から3%に初めて消費税が始まった1989年。当時、店を任されていたのでレジの表示が変わると大騒ぎした。竹下内閣が3%の消費税導入にこぎ着けたが、まあ、消費税に日本中が踊らされた。
その後橋本内閣は97年に税率を5%に上げ、野田内閣の2008年に8%になった。1989年から30年で計4回に渡り、税率が上がったが、正直あまり関心がなくなっている。
「ああ、10%になったんだ」ぐらいの感じでいるが、その無関心さが本当はいけないんだろう。
テレビのインタビューを見ていても、気にしないで買い物をする人と「家計は大変」という人を交互に映し出して、なんとなく、増税に対してのショックを薄めているような感じもする。
増税しても、その分が国民のため、日本の未来のために使われることを信じる以外にないし、自分が一票を投じた政治家に託し、税金の使い方をウオッチしたい。

撮影 本人

夏の思い出を探して(4)

いよいよ開幕したラグビーワールドカップ!
初戦を逆転勝ちで飾った日本。
素晴らしい戦いを私たちに届けてくれた。
この夏一番記憶に残ったのが「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」のキャッチコピーとこの富士山の入ったロゴマーク。

仕事場にほど近い丸の内の通りはラグビー一色だったし、運転しているとよく目にしたのはDHLの黄色い車だったし、テレビでも様々なタイアップ番組が放送されたり、前回のワールドカップの南アフリカ戦の映像が流れるたびに目頭が熱くなった。

「いまいち盛り上がらない」とか「オリンピックの陰に隠れて」といった話は何だったというくらい今日本中はラグビーで熱くなっている。

身近なところでは友人の息子が最近まで白鵬に憧れて大相撲を目指していたが、今はすっかりリーチ・マイケルに憧れて白と赤のラグビージャージに身を包み、ラグビー選手を目指しているという事実。これこそが日本でラグビーワールドカップが開催された意義だと思う。

2002年日韓ワールドカップが開催された直後も、友人のサッカー少年団には多くの子供の入部が相次いだと嬉しがっていたのを思い出す。

夏の思い出探しとは少し内容が異なってしまったことはお詫びしつつも、この夏一番印象に残ったのは「4年に一度じゃない。一生に一度だ!」

目指せ優勝!
頑張れ!日本!
日本中の子供に夢を与えてくれ!

撮影 本人
撮影場所 東京駅近隣

夏の思い出を探して(3)

「念願」と書くと大げさだが、毎年夏の楽しみがかき氷。
何が念願かといえば、「ひと夏に一度はかき氷を食べたい」のがささやかな念願なのである。
果物の世界は温室栽培もあり、四季を通してあらゆる果物を食すること可能だ(もちろん価格を気にしなければ)。
しかしかき氷に限って言えば、もちろん冬でも食べられないことはないが、食べる人はまずいない(だろう)。
夏の暑い最中、蝉の声を聞きながら、冷房の効いていない縁側や木陰で食べる。これがかき氷の王道であり、ささやかな念願を達成すべく、富士山を目指した。
普段はコンビニで買うかき氷で満足な私もこの日ばかりはちがう。あのふわっとしたまるで雲のようなかき氷を想像して落ち着かない。
もちろん店自体期間限定営業なので夏以外は食べられない(2019年の夏季営業は8月25日で終了)。

私にとってここのかき氷は今までのかき氷の概念を超えた。その後いくつかのお気に入りはあれど、やはり、かき氷道に足を踏み入れさせてくれた名店であることが常にリスペクトをしている。

ああ、また来年までお預けか!
もうすでに来年の夏が待ち遠しい。(なんて)

富士山天然氷のかき氷店 埜蜜喜
公式サイト
http://tksosk.sakura.ne.jp/wp/

夏の思い出を探して(2)

夏の記憶に残る台風でした。
まだまだ復旧半ばですが、それでも私が住む鎌倉でも大きな爪痕を残しました。私自身、自宅や車が被害を受けましたが、とりあえず家族や近所の皆様の顔を朝見てホッとしています。
被害に遭われた方にはお見舞いを申し上げます。

気候変動による台風の質が変わったなどのニュースにはもちろん耳を傾けつつも、やはり自然の前では人は無力なのだと身をもって学習することでしか、地球とは共存できないと感じます。
台風が去った後、湘南からは美しい富士がくっきりと見えました。
台風の後片付けで汗をかいて、見上げた富士に大きな力をもらいました。
自然は脅威にもなり、また大きな勇気をもらえる存在だと思います。

まだまだ復旧していない地域の皆様(9月11日現在)、
こんな時こそ前を向きましょう。

撮影 本人
撮影場所 葉山

夏の思い出を探して(1)

今年の夏は異常気候と言われて久しい。気温40度超えなんて体温を超えているし、毎日の猛暑と酷暑はさすがに体に堪えた。
街で誰かに会うと「暑いですね」しか挨拶の言葉が見つからずに、「早く涼しくならないですかね」と別れるのが定番だった。
しかし、朝晩に秋風が吹いたら吹いたで、夏の日差しがもう少し続いてくれたらなと、何てわがままだなと自責の念にかられる。

そして夏の終わり、秋になると「夏の思い出」を探し始める。
この写真は今年のものではない。「じゃあ、いつか?」と記憶を辿るとそのあたりがぼやけている。
まあ、とにかく夏の思い出には間違いあるまい。
夏は旅の季節、今年の夏は忙しさにかこつけて結局どこにも行かなかったなと少し反省。写真データには近所の鎌倉の景色しか残っていないのは寂しいけど、その分鎌倉愛が深まった気もする。
今年も数少ないが、わが町鎌倉で撮影できた夏の富士山が記録されている。
そんな写真を探しながら夏の思い出の記憶を探ってみたい。

撮影 一緒に登山した方が撮影。(お名前は記載なし)

夏の味


 
残暑お見舞い申し上げます。
7月の雨、そして8月の猛暑。いや〜暑さ全開な夏を満喫してます。

 

この季節、冷麺そうめん冷やし中華しか食べたくない。

あッそう、アイスたこ焼きも美味しかった。

世間ではタピオカが流行っているらしい。以前台湾を旅行した際に道端で買って不思議な食感にはまり、滞在中食べ過ぎて腹を壊したことがある。

何事も加減が大切だ。

そのタピオカを食べたいなぁと思いながら街を歩いていたら発見したのが、こちら日本初の日本茶ミルクティの専門店だそう。

もちろん富士山のマークに惹かれたのも事実だけど、カップに浮かぶ黒い物体はタピオカだと思い、これで念願のタピオカが飲めると店でメニューを見た。

しかしメニューにタピオカはない。

もしかしたらと思い、気になるメニューを指差して店のスタッフに尋ねてみると、わらび餅だと返答あり。

ここまで来たら、とタピオカを諦め、わらび餅入りのミルクティをオーダーしたら、これが美味い。

美味過ぎる!

感動しながら飲んだら、写真を撮るのを忘れてしまった。残念と言うことでお店の紹介をさせていただきました。

2019夏の思い出になった味でした。

 
ochaba

公式HP
https://ochaba.net/

supported by