みんなで知ろう

富士山書き初め FUJISAN KAKIZOME 2020

あなたの日本一の想いを届ける。
書き初めコンテストの作品を募集します。
はるか昔から、ひとりひとりが心に想うことで、
世界に誇る文化になった富士山。
これからも、ひとりでも多くのひとに。
富士山をもっと身近に感じて、想ってほしいから。
日本の伝統文化 “書き初め” のコンテストを開催します。
ひと筆、ひと筆、ていねいに。さあ、あなたの気持ちを、富士山へ。
beyond2020

課題

小学生低学年「ふじ」「雲上」
小学生高学年「富士山」「ご来光」
中学生「令和富士」「世界遺産」
高校生「初冠雪」「霊峰富士」

募集要項

 富士山書き初めは2017年から始まった書き初めのコンクールで、認定NPO法人富士山世界遺産国民会議と毎日新聞社が共同で主催しております。 富士山世界遺産国民会議は静岡・山梨両県とともに世界文化遺産の富士山を守り、後世に継承するためのPR活動や、富嶽三十六景を題材にした小学生向けの教材開発や配布などの活動を続けています。 毎日新聞社も富士山の環境保全を目的とし、著名人をゲストに迎えて清掃登山活動をする富士山再生キャンペーンや、富士山麓の河口湖での音楽祭などさまざまな活動をしています。
 2013年には富士山が世界遺産に登録されましたが、その環境保全を継続するとともに、文化をより豊かに育む上で、日本のシンボルとなってきた富士山について学ぶ機会もより大きく期待されています。当事業もそのような背景の中、子どもたちに日本の文化である書き初めを通して、日本のシンボルである富士山を大切にする心を育む機会としてほしいという願いから始めました。
賞と入賞発表について
  • 最優秀賞
    各区分ごとに1名/賞状と副賞
  • 山梨県知事賞
    各区分ごとに1名/賞状と副賞
  • 静岡県知事賞
    各区分ごとに1名/賞状と副賞
  • 毎日新聞社特別賞
    各区分ごとに1名/賞状と副賞
  • 富士山世界遺産国民会議賞
    各課題ごとに2名/賞状と副賞
  • 推薦
    各課題ごとに若干名/賞状
  • 特選
    その他審査員が優秀と認めたもの/賞状
入賞発表
毎日新聞紙上にて2020年1月中に発表。最優秀賞・山梨県知事賞・静岡県知事賞・毎日新聞社特別賞・富士山世界遺産国民会議賞は名前と作品写真を掲載予定。表彰式は1月に東京にて開催予定。
※ 応募に際して提供された個人情報は、主催者が適切に管理し、選考、発表、賞の授与に関わる事項以外には使用しません。※ コンクールに応募された方の氏名、学校名・学年は、主催者および後援者の刊行物・ホームページなどで公表することがあります。ご了承ください。※ 応募作品は理由を問わず返却しません。 ※ 応募作品の著作権は主催者に帰属します。
審査員
仲川恭司(委員長)(一財) 毎日書道会理事(公財) 独立書人団理事長
長野秀章東京学芸大学名誉教授元文部科学省教科調査官
*他に毎日新聞社より委嘱する先生方
課題・応募に際しての注意
  • ●小学生低学年の部(1~3年)、小学生高学年の部(4~6年)、中学生の部は半紙(タテ約33㎝×ヨコ約24㎝)、高校生の部は半切(タテ約136㎝×ヨコ約35㎝・縦使用)に墨一色で縦書きで書いてください。その際、学年と氏名(フルネーム)を必ず入れてください。氏名も審査の対象になります(作品中に学年・氏名のないものは無効となります)。
  • ●応募作品は一人1点に限ります。
  • ●出品料は無料です。
  • に示すように、タテ10㎝、ヨコ8㎝の別紙に、連絡先の郵便番号、住所、電話番号と氏名、学校名(○○県○○立)、学年を明記して応募作品に必ず貼り付けてお送りください(別紙は以下リンクよりダウンロードできます)。入賞の通知等はご記入いただいた住所、電話番号宛にご連絡いたします。貼付されていない作品は無効となります。 別紙ダウンロード
  • ●15点以上の作品をまとめて応募する場合、団体応募となります(団体出品票は以下リンクよりダウンロードできます)。団体出品票の郵送をご希望の方は120円切手を同封のうえ、作品送付先にご請求ください。 出品票ダウンロード
応募期間
2019年8月1日㊍〜10月28日㊊必着
作品送付ならびに応募に関するお問い合わせ先
〒102-0074 東京都千代田区九段南 1-6-17 千代田会館 5階
毎日企画サービス「富士山書き初め2020」係
電話 03-6265-6817 10:00~17:00 *土・日・祝日除く

主催

主催認定NPO法人富士山世界遺産国民会議毎日新聞社 後援静岡県/山梨県  協力公益財団法人独立書人団 beyond2020

その他

supported by