報道ファイル

静岡・山梨両県学術委員会合同会議 3月16日開催

静岡・山梨両県学術委員会合同会議が3月16日に都内で行われ、これまで「富士山の普遍的価値」の説明としてきた。「信仰の対象」と「文化創造の源泉」の二本柱に見直すことを了承した。

2009年3月17日(火)静岡新聞 朝刊 26面
1031.jpg

富士山憲章10周年

山梨日日新聞 2008年11月18日(火)朝刊1面
1001.jpg

 
山梨日日新聞 2008年11月21日(金)朝刊21面
1002.jpg

富士山の真価 世界へ 富士山世界文化遺産国際シンポ

2008年11月16日(日) 朝刊16・17面
1011.jpg
記事の拡大版は↓

富士山の真価 世界へ

海外の世界遺産専門家らを招き、富士山の世界文化遺産登録に向けた登録要件を具体 的に探る国際シンポジウムが九日、富士市交流プラザで開かれた。登録作業に取り組む富士山世界文化遺産登録推進両県合同会議(静岡、山梨の両県や関係市町 村で構成)が主催、静岡新聞社・静岡放送などが後援した。「日本を象徴する富士山」と言われる「象徴」は何を指すのか、世界遺産登録に不可欠な海外の理解 をどう得るのかなどについて、基調講演、パネル討論を通じて踏み込んだ議論が繰り広げられた。(以上、紙面より)

 

【基調講演】
1012.jpg

1013.jpg

 

【パネルディスカッション】
1014.jpg

 

自然観、神聖さを集約
精神力放つ山の存在感
(以上、紙面より)
1015.jpg

1016.jpg1017.jpg

1018.jpg

1019.jpg

静岡で富士山シンポジウム 「日本の精神」象徴 次代へ守り伝える

山梨日日新聞 2008年11月11日(火)朝刊16・17面
961.jpg

※記事の拡大版は↓

「日本の精神」象徴 次代へ守り伝える

静岡で富士山シンポジウム

富士山の世界遺産登 録への機運を盛り上げようと9日、静岡県富士市で開かれた国際シンポジウム。ユネスコの世界遺産委員会や、諮問機関である国際記念物遺跡会議 (ICOMOS)に関係する海外の専門家2人が、登録申請の重要な要素である「顕著で普遍的な価値」の証明や、「文化的景観」のとらえ方などを詳しく解説 した。国内の大学教授らを加え、「世界遺産と富士山の象徴性」をテーマに行われたパネルディスカッションでは、パネリストが富士山に日本の精神的伝統や文 化的伝統が表れている点を評価。一方で遺産を保護・管理していくことの重要性にも触れ、今後の登録申請作業の道筋を示した。(以上、全て紙面より)

【基調講演Ⅰ】
963.jpg

 

【基調講演 Ⅱ】
964.jpg

 

【パネルディスカッション】
■パネリスト クリスティーナ・カメロンさん/ノーラ・J・ミッチェルさん/田中利典さん
■コーディネーター 稲葉信子さん
962.jpg

967.jpg

965.jpg

966.jpg

968.jpg

969.jpg

「富士山ナンバー」門出にわく

山梨日日新聞
2008年11月5日(水) 朝刊23面
921.jpg


報道ファイル


2008.11.05 [ 山梨日日新聞 ]

「富士山ナンバー」門出にわく

山梨日日新聞
2008年11月5日(水) 朝刊1面

923.jpg

 

山梨日日新聞
2008年11月5日(水) 朝刊19面
924.jpg

supported by