ニュース

富士山をイメージしたアイス「THE富士山バー」、6月29日全国で発売。

20夏THE富士山バー斜め

株式会社ロッテから6月29日(月)に、アイスの新製品「THE富士山バー」が発売されます。青いソーダと白いソーダの2層仕立てで、爽やかな味わいが楽しめます。この商品の売り上げの一部は、富士山世界遺産国民会議が運営する富士山基金に寄付されます。山小屋の休業と登山道の閉鎖で富士山に登ることができない今年の夏は、アイスで富士山を楽しんでみませんか。

●発売地区:全国 ●内容量:100ml ●価格:希望小売価格100円(税抜)

【ふじさん『さき旅』プロジェクト】スタート

c4582d90-7e5e-4d4f-af7b-970dd576550f

“未来のツアーチケット”購入で美しい富士山とそこに暮らす人々を支援する、【緊急コロナ支援】富士山のエコツアー事業者を守る「ふじさん『さき旅』プロジェクト」が立ち上がりました。新型コロナ終息後の富士山の自然と観光を守るためのプロジェクトです。皆様の応援とご支援で富士山のエコツアー事業者にお力をお貸しください!

詳細は以下のクラウドファンディングサイトをご覧ください。

https://camp-fire.jp/projects/view/270315

ふじさんネイチャーチルドレンズプロジェクト 参加者を募集中!(応募期間:〜5/20)

IMG_3145

次世代を担う子ども達が富士山の自然に親しみ、富士山の自然を理解し、富士山の自然を守るために行動できる人となるように。楽しいだけではない、未来の地球のための自然体験を提供する「ふじさんネイチャーチルドレンズプロジェクト」。

このプロジェクトは、1年目「With NATURE(自然と共に)」、2年目「About NATURE(自然について)」、3年目「For NATURE(自然のために)」の3ヵ年計画で実施されます。第1ステージの「With NATURE(自然と共に)」は今年6月からスタート。青木ヶ原樹海と火山洞窟の探検から始まり、来年2月まで、季節ごとにさまざまな富士山の自然に親しみ体感するプログラムが予定されています。

募集要項は以下の通り。
・対象:小学4年生~大人まで
・定員:45名 ※応募多数の場合は選考あり
・参加費:69,600円/年(全日程【7日間】のプログラム経費・保険料など)
・募集期間:2020年5月20日まで
※2020年度は第1ステージ「With NATURE」のみの募集となります
・お問い合わせ:合同会社ルーツ&フルーツ「富士山ネイチャーツアーズ」 Tel/Fax:0544-22-3454
・申し込み方法:以下、募集ページのエントリーフォームより申し込み

👉プロジェクト・募集の詳細やお申し込みはこちら
https://roots-fruits.jp/fuji_ncp.html

3月16日〜18日「ふじさんゼロゴミアクション」

3月16日(月)~18日(水)、静岡県駿東郡小山町の2箇所で清掃活動を実施し、3日間で510kgのゴミを回収しました。道路沿いの斜面下には土や枯れ葉と同化したゴミが蓄積していて、すべてを回収することは困難で作業に時間がかかり、改めて「ゴミを捨てないこと」の啓発活動が大切であることを実感しました。今回清掃した2箇所は水源地や小川に近く、周辺で暮らす方々にとっても重要な場所です。清掃してきれいになった現場は目に見えた成果で、スタッフも次の活動に向けて士気が上がりました。IMG_3031

IMG_3033

IMG_3034

清掃前(上)と清掃後(下)。目に見えてきれいになりました。IMG_3035

富士山世界遺産国民会議 2020年度総会・理事会の開催

IMG_1850

IMG_1845
2月26日(水)、東京・港区のヴィラフォンテーヌ汐留コンファレンスセンターで、富士山会議の2020年度定時総会、理事会が開催されました。総会では、昨年度の事業報告、決算、本年度の事業計画、予算が、承認されました。

2月23日富士山の日の「ふじさんゼロゴミアクション」

200223 1

早朝から東京オリンピック自転車競技ロードレースが予定されているコース沿いの清掃を実施しました。今回ご参加いただいた方々のおかげで、特にゴミが集中している場所を綺麗にする事が出来ました。ご参加頂いた皆様ありがとうございました。しかし、残念ながらまだまだ沢山のゴミが落ちています。「ふじさんゼロゴミアクション」では、沿道の草木が茂る前の5月頃までに、コース沿いのゴミの回収を目指しています。富士山会議はマウントフジトレイルクラブと連携して、この活動を推進してまいります。

200223 2

200223 3

200223 5

ハンセン病療養所世界遺産登録推進協議会へ講演の協力

IMG_1896 1

2月15日(土)に岡山県瀬戸内市中央公民館多目的ホールで開催された、NPO法人ハンセン病療養所世界遺産登録推進協議会主催の「ユネスコ世界文化遺産登録に向けた学術調査事業講演会」で、大庭事務局長が「日本の宝から世界遺産の富士山へー登録までと登録後の民間団体の活動ー」と題した講演を行いました。同NPO法人は、ハンセン病療養所内に存在する建造物群等を「ユネスコ世界文化遺産」として、ハンセン病回復者等が生きた証を示す資料等歴史的記録物を「ユネスコ世界の記憶」としてそれぞれ登録することを目指しています。世界遺産登録に向けた活動の推進にあたり、世界遺産登録前と登録後の民間団体としての富士山会議の活動を参考にするために 同NPO法人より依頼があったものです。

200215 1

「文化遺産とSDGsⅡ」文化遺産国際協力コンソーシアム研究会開催

SKM_C25820013017100

1月31日、JPタワーホール&カンファレンスで、「文化遺産とSDGs 世界ではいま何が語られているか」をテーマにした研究会に参加しました。UNESCO文化局のGiovanni Boccardo氏など国内外の専門家らによる様々なお話を伺い、我が国におけるSDGsの広がり、文化遺産に関係する各機関のSDGsに対する姿勢など、文化遺産とSDGsをつなげるための取り組みを学ぶ機会となりました。

 

SKM_C25820013017100

静岡県富士山世界遺産センターで「富士山書き初め2020」受賞作品展開催中

静岡県富士山世界遺産センター 1階アトリウムで、「富士山書き初め2020」の受賞作品展が、2月10日(月)まで(期間中休館日なし 9時~17時)、行われています。是非、ご覧ください。静岡県富士山世界遺産センター (静岡県富士宮市宮町5-12 電話0544-21-3776)

https://mtfuji-whc.jp/blog/2020/02/05/「富士山書き初め%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%92%ef%bc%90」優秀作品を展示しま/

DSCN9899DSCN9895

「富士山書き初め2020」表彰式 毎日新聞朝刊(1/28)に掲載

「富士山書き初め2020」表彰式の模様が、本日の毎日新聞(富士山書き初め共催)にも取り上げられています。受賞者の言葉として、小学生低学年の部の最優秀賞、和歌山県有田市立保田小学校2年の落合萌朱さんは「一年かけて練習しました。日本一の富士山を思い浮かべながら大きく、のびのびと書きました。」と述べられました。今後は毎日新聞社1階での展示のあと、2/4~2/10静岡県富士山世界遺産センター、2/14~20山梨県立富士山世界遺産センター、2/23富士山の日フェスタ2020でも巡回展示が行われます。
20200128

supported by