ニュース

銭湯!それは疲れた人にとって銭湯こそ最高なアイテム

銭湯好きなことをここでも何度となく記事にしている。

その銭湯も年々数を減らしているが、幸いなことに私の住む鎌倉には清水湯という昭和30年開業の銭湯が健在である。

番台と番台に座るご主人、着替えを入れる棚、洗い場の桶や蛇口の形、お湯の温度、すべてが満足だが、唯一残念なのは富士山の絵がないところだ。

しかし、それでも有り余る魅力故に週に一度は清水湯通いをしている。

明るい時間に到着し、高い天井窓から差し込む陽を浴びながら湯に浸かる至福が何よりのバカンスである。

自宅から徒歩10分の温泉旅行と言っても過言でない。湯上がりの牛乳もまた最高のご馳走だ。

そんな銭湯で全国公衆浴場生活衛生同業組合連合という長い名称の組合が発行するフリーペーパーを手にした。

ご覧のように表紙はイラストで描かれた富士山がある。

漫画である物語はスポーツ新聞の若い記者が銭湯の魅力を伝える内容だ。

「疲れた人にとって銭湯こそ最高なアイテム!」と記者がまとめて物語は終わるが、今話題のサウナの知識も盛り込まれており、読み物としてもとても面白かった。ぜひ、銭湯フアンの皆様、行きつけの銭湯で見つけたら手にお取りください。

 

 

清水湯

〒248-0013  鎌倉市材木座1-10-24

15:00〜21:00

定休日 月水金

 

冊子タイトル

銭湯でしあわせアップ温冷交代浴

漫画:岡本圭一郎

監修:早坂信哉(東京都市大学教授)

発行:全国公衆浴場生活衛生同業組合連合

全国の無料にて銭湯で配布中

 

YouTubeチャンネルもあります

ゆっポくんチャンネル YUPPOKUN CHANNEL

https://www.youtube.com/c/yuppokun/about

昼飲みしました!

なかなか飲みに行けない昨今。

久しぶりに地元に近い居酒屋を往訪。

休日の昼飲みになりました。

 

山角と書いて『さんかく』。

春が近づいてきたとは言え、まだまだ底冷えがあるこの時期はやはりおでんかな?と。

熱々のおでんを注文。

おでん以外にもおばんざい、煮込み、馬刺し、釜飯とまぁ、酒が進みそうなメニューのオンパレード。

それにしてもこの暖簾だ。

山型の意匠を見ると全て富士山に見えてしまうのは相変わらずだが、この意匠はやっぱり富士山だろうと一人ツッコミを入れてみる。

江戸時代に入り、五街道が整備されると戸塚には東海道の日本橋から数えて5番目の宿場として「戸塚宿」が設けられのが「戸塚の始まり」だそう。

さぞ、この辺りからは富士山が見えたことだろう。(もちろん今も素晴らしい眺望は変わらないが)

私の実家もかつては戸塚区だったが、区変更で昭和の時代に戸塚から瀬谷区になった。今でもその名残はあるが、どこからでも富士山がよく見えた。久しぶりの昼飲みでそんなことをつらつら思いながら、少し酔って外を出た。駅近くから富士山がよく見えた。

 

お店の紹介はこちら

https://sankaku04.owst.jp/

Clubhouseしましたか?

 

巷で話題のアプリClubhouse。

皆さんは体験しましたか?

僕は一応ダウンロードして幾つかの“クラハ”巡りをしてきました。

「巡り」という表現が正しいか?どうかはさておいて、声でつながるアプリは限りなくラジオに近い。もちろん双方向の利点はあるし、雑談も楽しいが、急に振られても話に困る(笑)。

個人的には一方通行のラジオがいいな!というのも、過去2回に渡るパーソナリティ体験が物語るように生粋のラジオ好きだ。

何を持って「生粋」かも、置いておくとして、今でもラジオから流れてくる音が好きだ。先日は1950年代の古い真空管ラジオで番組を聴いた。真空管が温まるまで音が出ないので、「あれ?故障したかな」という初歩的な勘違いはさておき、古いラジオから流れくる音は、番組そのものが半世紀前にタイムスリップしたように感じられるぐらい懐かしい音が聴こえていた。

ぜひ皆さんもお試しください。(古いラジオでNHK放送を聴くといいです)

まあ、そんなラジオ好きな僕の楽しみは現在はアプリで日本中のコミュニテイFMを聴くこと。

2021年現在で330局が存在しているらしい。

かつて周波数の関係で局から半径5キロ程度しか聴くことができなかったFMも、今はアーカイブ放送まで聴くことができる(アプリの有料プランにもよります)。

ということでここまでが前振りで、今回紹介するのは御殿場にある富士山GOGO FM(86.3MHz)。

GOGOの由来はやっぱり富士スピードウェイが御殿場にあるからだな、と思い、ホームページで確認すると、御殿場の“G“とお隣の小山町の”O”の頭文字、そして前進の“GO”とある。

まあ富士スピードウェイもあるからね。と一人納得して、富士山がしっかりとロゴにある富士山GOGO FM、ぜひ番組をぜひお聴きください。

 

番組を聴くにはホームページからアプリ経由でどうぞ

 

http://www.863.fm

祝223な日

令和な時代になり、天皇誕生日になり、新しい祝日を祝う。

そして富士山の日を祝う。

 

毎朝、雨が降っていない限り、海岸で富士山に手を合わせる。

富士山が見えなくても、その方向に手を合わせて祈る。

祈る内容は変わらない。家族の健康だったり、無病息災、世界の平和だったり、まあそんなところだ。そして祝日になったお陰で、少し朝時間に余裕ができたこともあって、散歩にプラスすることの迷走、いや瞑想が加わった。

瞑想と言っても大げさなものでない。散歩の後、部屋でゆっくりと目をつぶり、お香を焚いて、目を閉じ、無をイメージする。しかし無になろうとすればするほど、無から遠ざかる。今抱えている仕事や、締め切り、アイデアが浮かんでは消え、無であることを拒絶する。

まあ瞑想と言ってもそんな程度なのだろう。

それでも富士山を眺めていると無が少しだけ近づいている気持ちになれる。

そこにある安心か、それとも不動な富士が与えてくれる静かな気持ちかもしれない。

 

そして天皇陛下、誕生日おめでとうございます。

と唱えるだけで感じられる清々しさがある。

上手く言えないが、肉親や友人、最愛の人への誕生を祝う「誕生日おめでとうございます」とは別な気持ちが湧くのである。

今年も謹んで、「誕生日おめでとうございます」と富士山と天皇陛下に手を合わせる。

 

撮影 本人

 

皇居勤労奉仕に参加した友人からのお裾分け

菊のご紋のチョコレート(富士山がしっかりと)

 

おはよう 富士山

以前もこの223マガジンで紹介したグッドモーニング材木座。

晴れた日には富士山も眺めることができる海の前のロケーションで人気の宿だった。

その宿が同じ鎌倉材木座で引っ越して、2021年から新しく営業を開始した。

近所ということもあり、宿泊することはないが、朝ごはんを食べによく出かけていた。

オーナーとは朝ごはんつながりとでも言ったらいいか、街でオーナーに会うと美味しい朝食が浮かんで、お腹が鳴る。

引っ越した後も美味しい朝食と最高な眺望もそのままだが、ランチと夕食メニューの充実は地元民には嬉しい限りだ。

年明けすぐに朝ごはんをテラス席で食べたが、なんとテラス席にはコタツが完備され、ヌクヌクと暖まりながらの朝ごはんだっった。

 

晴れた日の夕方はサンセットを楽しむ人で賑わっている。

ぜひ早起きして朝ご飯してください。

 

 

詳しくはこちら

Home Page

 

銭湯ネタ

温泉同様好きなのが銭湯。

この223マガジンでも時おり登場している。

かつては銭湯ネタの目的が銭湯にかかれた富士山の絵柄を探して銭湯巡りをしたが、今は銭湯そのものが消えており、銭湯に入れるだけでも幸せに変化した。

 

 

一時期はバッグに『いつでも銭湯に入れる』銭湯セットを常備していた。

とは言え、手拭いを持っていただけ。銭湯セットなどと言うレベルではない。

実際のところ、銭湯内で大抵は200円程度でタオルを買えるので、基本的に新しい銭湯を発見したら、よほど急いでいない限り、ささっと一風呂浴びていた。

 

と言うわけで、先日発見した銭湯がこちら。

『金春湯』と書いて『こんぱるゆ』。

創業は昭和25年とある。昭和平成令和と地元のみなさんと裸の付き合いをしてきたのだろう。

 

写真にあるように金に見立てた富士山がメデタさを引き立てる。

 

 

金春湯の情報はこちら

https://kom-pal.com/

 

撮影 本人

2021年もよろしくお願いします。

改めてまして、あけましておめでとうございます。

私は毎年1月3日が仕事始め、そしてこの223マガジンを書くことで1年がスタートします。

1年のスタートに際して、2021年の抱負を書いてみました。

2020年は人の生活が世界一斉に停止し、人と人との交流も出来なくなり、移動の概念が大きく変わりました。

私は、改めて「旅と人との出会い」の重要性を認識させられた1年になりました。

テスラのイーロン・マスクの構想では「地球上のありとあらゆる場所に1時間以内で飛んでいける」ようになるそうです。

時速2.8万キロのロケットで、ニューヨーク上海が39分。

ロンドンドバイが29分。

旅の代替えとしてAR (Augmented Reality/仮想現実)VR (Virtual Reality/拡張現実)の旅が話題になっていますが、あくまでも話題性だけを狙った手法だと思います。

もちろんARVRを否定するものではありません。

ただ、旅はARVRでは代替えできないと思う気持ちが強い。理由は、「旅の体験」はオンラインには置き換えられないからだと思うからです。

 

人類はこのコロナ禍を乗り越える。

 

羅針盤を手にした冒険者がまだ見ぬ大海原を航海したように、私たちはこれからも世界の隅々に出向くことになすはずです。

さらには、人類はこれからも宇宙の果てまで冒険をやめないでしょう。

宇宙から富士山を見るのが私の夢です。

 

2021年正月

 

写真:撮影本人

旅の新幹線車中にて

 

あけましておめでとうございます。

元旦や一系の天子富士の山

(がんたんや いっけいのあまこふじのやま)

 

この俳句の作者は内藤鳴雪。

 

徳川慶喜(よしのぶ)が1867年10月に大政奉還を申し出た年に内藤鳴雪(ないとうめいせつ/1867 – 1926)は江戸に生まれた。

 

鳴雪は正岡子規より20歳も年上であったが、俳句に関しては子規を師と仰いでいた。もちろん、鳴雪自身も子規派の長老として子規派を支えた。

 

『一系の天子』とは、天皇制のことで、富士山と共に世界に比類なきものを指している。

鳴雪にとって 富士山は天皇と同じぐらい尊い存在だったことがうかがえる。

 

しかし、時代は幕末。幕府と天皇の関係が大いに揺れている。

俳人鳴雪にとって、富士山と天皇を一つの俳句で読み上げたこの句はとても興味深い。

 

2021年、今年は丑年

年男です。

 

2021年も富士山世界遺産国民会議と223マガジンをよろしくお願いします。

 

撮影 本人

羽田空港より日の出を撮影しました。

※写真は元旦のものではありません。

行く富士、来る富士 2020 その三

この季節になくてはならないものに、イルミネーションがある。この223マガジンでも何度も取り上げているが、今年の行き先はこちら。

「ILLUMINATION FANTASEUM☆2020山中湖イルミネーションファンタジウム」

しかし、ここの魅力はイルミネーションだけにあらず。この期間、ここではダイヤモンド富士と出合えるのだ。時間帯は午後3時25分前後だそう。

もちろん晴れといるという条件はつくが、それでも目指す価値はあるというもの。

とは言え、私が花の都公園に到着したのは18時過ぎ。夕焼けの欠片もない、イルミネーション全開の時間帯。ダイヤモンド富士は諦めるも、光の饗宴を満喫した。

「暖かい格好をして来てください」という注意書きが身に沁みたのは、何気に薄いコートだったから。陽もとっぷり暮れて、雪でも降るんじゃないか!というぐらいの冷え込み(少し大げさかも)ということで、満喫したと書いたが、滞在時間はわずか十数分。暖かい車に逃げ込んで、気付いたらイルミネーションの写真を撮り忘れ、東名に乗った頃に「ア!写真」と気づくも後の祭り。ということでポスター写真の掲載にてお許しください。

 

さて2020年の連載も本日がラスト。富士山で始まり、富士山に行って終わった223マガジンでした。今年は記念すべき500回の連載も果たせたましたのは、ひとえにこの連載をお読みいただいているみなさまのお陰。

この場を借りて感謝いたします。

ありがとうございました。

そして、新しい2021年が皆様にとって、ダイヤモンド富士のように輝く1年であることを祈念しております。

それでは良いお年を!

 

223マガジン 編集長 鈴木重美

 

 

 

 

 

イベント期間 2020年11月21日〜2021年1月3日

会場 山中湖花の都公園(0555-62-5587)

イルミネーション点灯時間:午後5時~午後9時
なお期間中花火打上(予定)があります

11/21・28

12/5・12・19・26

1/1
打上時間各日8時

 

詳しい情報はこちらをご覧ください。

http://www.yamanakako.gr.jp/event/info.php?no=122

行く富士、来る富士2020 その二

GOTO!日帰り弾丸ツアーと称して、岡田紅陽展に行って来た。

「富士こそわがいのち」として富士山撮影に生涯を捧げた岡田紅陽(1895-1972)。

岡田紅陽が初めてといえば千円札のデザインの元となった「湖畔の春」が余りにも有名だが。今回の展示には未収蔵の作品を新たにプリントして公開している。

関東大震災(1923年/大正12年)を撮影し頭角を現すも、その後、第二次世界大戦が始まり、それまで撮影し続けたガラス乾板やネガなどの大部分を空襲により失うなど、岡田紅陽の写真史はまさに激動の中にある。そして生涯を賭けてのテーマとなる富士山との出合い。

震災は戦争で傷ついた岡田紅陽にとって、富士山がどれほど大きな支えになったかは想像ができる。

ドテラ姿で歩きながら撮影している姿を見た村の人は、愛着を込めて「紅陽さん」と呼んでいたという有名な逸話が残っている。

ぜひご覧ください。

展示期間:2020年12月2日(水)~ 2021年1月17日(日)

会場:岡田紅陽写真美術館 企画展示ホール

問い合わせ:0555-84-3222

http://shikinomori.webcrow.jp/okada.html

supported by