ニュース

富士山 いや 富士産な理由 その三

富士のブランド数多くあれど、その名も富士山を産地にした美味しいこだわりを紹介していく。
富士産な理由をお届けする。その第3弾。

ラスクという食べ物をご存じの方に喧嘩を売るつもりはないので、最後まで読んで頂きたい。
今から10年以上前のある一時期、私はパン屋を共同経営していた。
店ではどうしても売れ残りの商品がでる。
特にこの時期、7月から8月という夏の間、パンはあまり売れない。
惣菜パンなど翌日まで保存ができない商品は廃棄、
ハード系のパンは一部翌日も販売するものもあるが基本は「廃棄」か「翌日販売」になる。
その2者選択において実はもう1つの方法がある。

それが「ラスク」だ。売れ残った食パンをカットして、揚げてラスクにして販売する。

当然食パンが売れ残った日の翌日は店頭にラスクが並び、売り切れの翌日は並ばない。

つまりラスクは商品の2次利用、売れ残りの救済なのであった。

そのラスクだが、市場に出回るようになり、ヒットするラスクが現れ、
そしてなんとラスクの専門ブランドの誕生、ラスク専門店なるものまで登場するに至った。

その時、私の本音は「何言ってるんだい、ラスクなんて元々売れ残り商品だったんだぜ」と
心の中で悪態をついていたのである。

つまりラスクなんて、「わざわざ買って食べる人の気が知れない」だったのだ。

それがある日、お土産で食べたラスクで評価が180度変わってしまった。

「美味い、ラスク、恐るべし!」

そう!ラスクは売れ残りの副産物などでなく、ちゃんとした商品になっていたのだ。

というわけでラスク好きになってしまった私は、いまではラスクラバー、ラスク大好物、
ということで富士産ラスクのご紹介でした。

富士山 いや 富士産な理由 その二

富士のブランド数多くあれど、その名も富士山を産地にした美味しいこだわりを紹介していく。
富士産な理由をお届けする。その第2弾。

炊き立てのご飯を食べる時、お米のある国に生まれた幸せというのを強烈に感じることがある。
もちろん海外に旅行し、その土地にあった料理とお米も美味しいしと思う。
しかし、日本のお米は最高に美味しいとつくづく思うのである。

先日、パン好きな友人と話していて、どうしても譲れないことがあった。
それは彼の家に炊飯器がないことだ。

彼曰く「少なくとも自宅ではもう何年もお米を食べていない」だそう。

つまり外食では食べることがあっても、自宅には炊飯器がないのでお米を食べないらしい。
僕は他人の趣味嗜好にはあまり関心がない方だし、ましては食生活について、
これが美味い不味いなんて個人的な話で、自分の味覚を他人に押し付けることも
共感を求めることも基本ない。しかし彼の言う「炊飯器がない」には正直、
「えっ、そんなのあり得ない!!」と声を荒立ててしまった。

まあ冷静に考えれば、この嗜好の細分化された時代、そんな人は結構いるだろうし、
事実、家でお米を炊かない人は結構いるらしい。

話の前振りが長かったが、要はお米の美味しい産地は先ず水が美味い。
つまり美味しい水の宝庫富士山の周辺のお米は美味しい。(無理振りですいません)

お米にもいろいろな特徴を持ったものがあり、甘みがあるもの、粘りがあるもの、
冷めても柔らかいもの、粒の大きさや香りの違うもの。

先日、この御殿場産こしひかりを取り寄せ、炊き立てごはんを食べた。
その瞬間、炊飯器のない友人のことはどうでもよくなった。

あまりの美味しさに感動して、こう叫んだ。(心の中でしたが)
嗚呼(ああ)、美味しいお米がある食卓は幸せだ。

写真は自宅での食卓風景 撮影本人

富士山 いや 富士産な理由 その一

富士のブランド数多くあれど、その名も富士山を産地にした美味しいこだわりを紹介していく。
「富士産」な理由をお届けする。

一時期海外旅行のお土産が「唐辛子」だったことがある。
なかなか農産物を持ち込めないので加工品である唐辛子入りのソースだ
(タバスコと言ったものを想像して頂くとわかりやすい)。
タバスコ(Tabasco、タバスコソース)そのものは、
メキシコ・タバスコ州原産のトウガラシを使った
辛味調味料で、
アメリカに本社があるマキルへニー社 (McIlhenny Company) の調味料である。
しかしタバスコという商標があまりに有名なため、
辛味調味料全てをタバスコと言ってしまうことがままある。
唐辛子っていう作物は世界各国にあるから、大抵の国ではその土地の唐辛子入りの
ホットソースが
スーパーに行くと販売されており、
それを買っていたというわけだ。

そんなホットソースであるが、つい最近もかなり美味しいものを発見した。
それがこの「白糸とうがらし」。富士山の麓で唐辛子を生産している「大沢農園」が生産者だ。
新鮮な旬の生とうがらしを熟成発酵させ、香りの良い上質な有機米酢とブレンドした
富士山(産)ホットソース、
地元の食材にこだわった逸品。ぜひ一度お試しください。


お買い物はこちら
Toriii(https://toriii.jp/category/list.php?customer_id=47
問い合わせ先  大澤農園
静岡県富士宮市上条1804-11
電話 090-1369-0350

酔いしれながら電車は走る。

「ジャズトレインを知っているか?」という電話が友人からあったので「知らない」と答えた。
「そりゃ お前まずいよ」と、友人はジャズトレインについて電話口で説明を始めた。
そもそもそんなジャズにも詳しくないし、という僕のやんわりとした抵抗を物ともせず、

彼は10数分間一方的に話し、電話を切った。
「とにかくいいんだ。だって鈴木(僕の苗字)さ、
電車に乗ってジャズが聞けて酒まで飲めるなんてどうよ?」

まあそこまでいいというのならとホームページを見ると、
確かに毎年恒例の人気列車イベントらしい。
その友人が楽しみにしているのもわかる気がした。
調べるうちにそもそもイベント列車には2パターンあり、

ひとつ目が友人の言うところの「ジャズトレイン」(料金は3,600円/税込み/限定1日フリー乗車券付)で

もうひとつが「ビール電車」(2,600円/税込み/限定1日フリー乗車券付)
らしいことが判明した。
まあ、どちらかと言えば個人的にはジャズトレインより、
ビールトレインの方が魅力的に映る気もするが、

確かに音楽を聴きながら走るのは格別だろうなと考えを改めた。

詳細は下記のサイトからご確認頂くとして、まず電車が運行する区間を調べ、

予定を確認し、スケジュール手帳を見直している。友人からの一方的な電話ではあったが、

なんとなく行く気になっているじゃない。
いや!行こう!

詳しい情報は下記サイトをご覧ください。
http://www.fujikyu.co.jp/gakunan/bi-ru1.html

使用画像 2017年度ポスター

ジョンの富士山

箱根に行く。
人は「箱根へ温泉に行く」と想像するのではないだろうか?
もちろん私も温泉が好きだ。しかし私にとって「箱根に行く」とは
すなわち「富士屋ホテルに行く」を指す。
もちろん定宿であるといったニュアンスではない。
宿泊するのは年に数回あればいいほう。大抵は他の日帰り温泉を楽しみ、
贔屓の蕎麦屋で昼からビールと蕎麦というのが定番。
しかしいずれの場合であっても富士屋に立ち寄らないことはない。

今更おさらいでもないが、富士屋ホテルとは神奈川県箱根町の宮ノ下温泉にある
1878年創業の老舗ホテルである。多くの著名人が宿泊し、その歴史に華を添えた。
その歴史の証人の一人にジョン・レノンがいる。
1980年、40歳の若さで凶弾に倒れたジョンが家族で富士屋ホテルを訪れたのは
1978年のことである。ジョンは息子ショーン・レノンの育児に専念していたが、
5年間の主夫生活を終え、遺作となった「ダブルファンタジー」を引っ提げてその年、
音楽業界に戻ってきた。その隠遁生活の最中、ここ富士屋ホテルを家族で訪ね、
写真のサインを残している。サインにはしっかり富士山が描かれている。

「Mt. Fuji by Lennon」である。
ジョンが見た富士山に、ジョンはどんなことを想ったのか?
今となっては知る由はない。今年ジョンが生きていれば77歳、先日はポールが来日し、
精力的なライブを披露したばかり、できればジョンの歌声を一度生で聞きたかったなあ。

撮影 本人

発売! カップヌードルそうめん

蕎麦好きな僕も、ラーメン好きな私も、うどん好きなおいらも、
この季節だけはそうめん一筋、わき目も振らずそうめん一直線。
スーパーに行くと必ずそうめんの束を買ってしまう。
そう私はそうめんフリーク、そうめんを愛して止まないそうめん愛好家なのである。
薬味をいっぱい載せても良し、ツユとワサビだけでも良し、
これからの季節、休日の昼飯の大半はそうめんになる。

そして発売というか、発見したこのカップヌードルそうめん、新商品すか?
どうやら新製品だそう。ガビーン!
正式商品名は「カップヌードル そうめん 鯛だし柚子風味」。
今月6月19日、日清食品から発売される。想定価格は180円 (税別)。どひゃ!

つい「どひゃ!」とか「ガビーン!」とか擬音になるのは訳がある。
嬉しすぎて言葉にならないと勘弁して頂きたい。そしてカップには燦然と富士山が描かれている。
富士山×そうめんの素晴らしき夏!
いやあ、「氷を入れて冷やしても楽しめる」と記事にはある。待ち遠しい6月19日。

リリース配信元はこちら
https://entabe.jp/news/gourmet/16936/nissin-cup-noodle-soumen

その名も富士見亭

お気に入りの食事処という内の一軒には違いないのだが、普通のレストラン、飯屋 
という範疇には収まらない。その名も「富士見亭」。

江の島の近くに住んでいた頃は、一週間に一回は必ず出かけていた。

何を食べるでもない。もちろんサザエのつぼ焼きやイカ焼きもあるが、
とにかくそこに行って、そこから海と富士山を見れば幸せなのである。
もちろん富士山が見えるレストランは数多くある。
この富士見という名前が付くスポットや宿、レストランもたくさんあるのも知っている。
しかし私にとって、富士見という名でここ以上に富士見の存在感を打ち出す場所を他には知らない。

もちろん江の島から毎週富士山が見えることはない。
三回に一度、いや十回に一度富士見できればいい方である。それでもここに通うにはわけがある。
ここは私にとって、富士見ができなくても「富士見亭」なのだ。

富士見ができなくても富士見亭。きっとそう思ってここに通う人は私だけではないはず。
そう思っていた時、最近購入した本を開いて飛び込んできたページがこれだ。

「鎌倉 のんで、たべる。」(赤澤かおり著/朝日新聞出版刊)。
地元鎌倉の書店でふと手にした本を買ってこのページを読んだ瞬間、
その著者である赤澤さんは、きっと私と同じような富士見亭フアンだと確信した
(あくまでも勝手な思い込みです)。

ぜひ江の島の富士見亭覚えておいてください。
そして一度行ってみてください。絶対後悔させません。

写真撮影 本人

おでん缶詰との再会

保守と革新と言っても政治の話題ではない。
私は食べ物に関してはとても保守的で、滅多に新しい食材やメニューには手を出さない。
世の中に牛丼店のチェーンは数多くあれど、決まって入る店は「安い 早い 美味い」のあのオレンジ色の看板が目印のY店である。

そんな訳だから、気になっていても今まで買うことのなかった商品がある。それがこのおでん缶詰だ。もちろんおでんは大好きなので、冬になると街場のおでん屋のみならず家でも定番のようにメニューに挙がる。
しかしどうしても、この缶詰めに入ったおでんだけは手を出すことがなかった。いわゆる食わず嫌いというやつである。
もちろん何度か食べるチャンスはあった。お土産でももらったことがあった。そのたびにその存在を忘れたりして、結局食べることはなかった。
そしてこの度、再びこの缶詰が目の前に現れた。

しかしまだ食べてはいない。友人がいつものように「お前富士山好きだろ」と言って静岡土産で購入してくれたのだ。
今回は食べる。しかし季節がなあ~と少し言い訳してみて、食後のレポートはまた後日。

入手先 静岡ドライブイン(?)と友人が言っていました。
商品名 駒越食品(KGS)(と缶に明記してありました)

富士山をジャケ買い

「ジャケ買い」(中身を見ないでジャケットだけで判断して買う行為)については、
この223マガジンでも何度も話題にしてきている。
最近は街からCDショップが消えているので、CDを購入する機会は減っている。
本はネットで購入する回数と本屋が半々ぐらいだが、ここ数年ダウンロードでしか音源を入手していない。
やはり時代の流れだろうか。

音源を入手できるショップが減っていることから、行先はいきおい中古を販売するような店舗、ブックオフなどに行く回数がかなり多くなっている。
先日も行きつけの中古販売店で物色している最中に発見したのが、このCDである。

「富士山」。
作詞作曲は新井満氏。あの名曲「「千の風になって」の作者であると言えばお分かりいただけると思う。
そう芥川賞作家・新井満氏の手による名曲なのだ。
もともと三波春夫さんのために書き下ろしたそうで、2009年に発表された直後、三波さんが急逝したことで封印されていたそうだ。その封印を解いたのが森進一氏。2013年の世界文化遺産登録決定後、ビッグな森さんが抜擢され、それ以来森さんが歌い続けているそうだ。

こちらを購入すると富士山の他、
森さんの名曲「おふくろさん」や「冬のリヴィエラ」も聴くことができるのでお勧め。

森 進一 ベストアルバム ~富士山~
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A000460/VICL-64105.html

富士山の水で暮らす

引っ越しをして一番に購入したのが『水』。
正確には水の宅配サーバー。
お茶は水道水を沸かして淹れる方が美味しい気がするが、飲み水は専用サーバーを使用している。

そして富士山と言えば 『水』。
無理矢理な話の展開だが、富士山の水をブランドにしている水はかなり多い。
今でこそ宅配サーバーを使用しているが、しばらくは富士山の水のペットボトル2リットル入りをケース単位で購入していた。
富士山の水がなぜ美味しいか?は調べ出したらキリがないだろうし、すでにたくさんの人や企業がその分析をしている。
私はあえて言う。 『美味しい理由は美味しいから美味しいのである』と!

水が美味しい季節ですね。
美味しい富士山の水がある幸せを感じています。

撮影 本人
撮影場所 自宅

supported by