ニュース

ブラ富士山 その4

223magazine_20170223

2月23日は富士山の日。
また今年もこの記念すべき日を迎えることができた。

その富士山の日に晴れて目出度くゲットしたのが、このスポンジ。
引っ越しをして、清掃用品を近所のダイソーに買い出しに出かけたら、
目に飛び込んできたこのスポンジ。

おお富士よ、お前はこんなところでも活躍しているのか!
まさかのスポンジ富士に、私はついこんな感慨を持った。
それにしても、商品企画者はなんと素晴らしいセンスとユーモアの持ち主だろう。
さらに私は確信している。絶対この商品考えた人、富士山好きに違いない。

こんなに可愛くても、もちろん100均のダイソーなので100円で販売。
正式な商品名は「富士山メラミンスポンジ」。4個入りで大変お買い得になっております。
また「日本製」というアピールが、富士山的には少し嬉しく思いました。

発見場所 ダイソー
撮影 本人

ブラ富士山 その3

223magazine_20170206

郵便局に良く行く。
別に貯金をしているとか、保険に加入しているという話ではない。
以前にも何度かここで書いているが、切手好きなので、
郵便局に行く機会が頻繁にあるだけだ。

その郵便局だが、魅力はもちろん切手販売だけでなく、
地方の名産を届けてくれるサービスも充実していて、ついその場で申し込んでしまう。
実は年末に広島産の牡蠣に舌鼓をうったばかり。

その牡蠣の申し込みを書いている最中に目についたのが、
この記念切手の申し込み案内。正直惹かれた。
買おうと思って値段を見て、躊躇。
牡蠣の値段より高いじゃありませんか!
1分悩んで諦めました。(ハヤッ)

ということで購入未遂に終わった切手の写真だけですいません。

日本郵便より、2016年1月29日にグリーティング切手シリーズとして発売された
「切手帳 グリーティング JAPAN」
このシリーズは、リリースによると実際に使うものではなく、
大事に手元に置いておくための切手らしい。まぁ純金箔の切手だけに納得かも。

発見場所 郵便局
撮影   本人

ブラ富士山 その2

223magazine_20170203B
発見場所 京橋界隈
撮影者 本人

夢は社長か大臣。一代で財を成し、大企業に成長する。
時代や環境のめまぐるしい変化の中で、実業を10年20年と続けるのはとっても大変!
しかし日本は、100年以上続く企業が実に2万社以上あるという、
世界でも稀有な存在なのは有名な話。

そんな企業の創立100年を祝うポスターに現れたのがこのイラストの富士山。
まさに天晴れな富士山。
街中に富士山はあり、その周りに人が歩いていて、すぐ横には東京タワー。
なんて素敵な富士山の構図なのだろう。

江戸時代、 住んでいる人に質問をする。
「おい お江戸の中心はどこだか 知ってるかい?」

相手が応える。
「そりゃお前、将軍様がお住まいの江戸城に決まっているじゃないか。」
「だからお前は野暮って言われるんだよ。
江戸の中央って言ったら 富士山に決まっているじゃネエか、べらんめい」
(適当な江戸弁ですいません)

そう江戸時代、 庶民は富士山を江戸の中心に見据えてリスペクトして、
実際は中心にない富士山を江戸の象徴にしていたという話が伝えられている。

ブラ富士山 その1

223magazine_20170203
撮影者 本人

散歩しながら発見した富士山をコレクションしている。
図案だったり、広告、商品ラベルなどなど、富士山を発見した日はなんだか気持ちがいい。
もちろん本物には敵わないのはわかっちゃいるが、富士山は富士山。

タイトルはもちろんあの番組。勝手にリスペクトして名付けてしまった。
ここまで集めたマイコレクションを一挙公開。だって今月は富士山の日があるからね。

先ずはこちら、鎌倉にあるパシフィック ドライブイン。
鎌倉は七里ヶ浜。かつてこの近所に住んでいたので馴染みのある場所。

ドリンクを注文してテーブルに置かれたのが、このコースター。
私にとってはこれも充分にサプライズ!

発見場所
パシフィックドライブイン
http://pacificdrivein.com/

富士山を眺めて正月三昧 その3

223magazine_20170116

車に乗らない。正確には運転をしない私の交通手段はほとんどが電車。
お酒が好きなこともあり、数年前から運転をやめてしまった。
(決して飲酒運転をしていたわけではありません)

電車のメリットは、車内での読書、居眠り、
飲酒 (もちろん適度な飲酒に限ります)、考え事に適していることだ。

さて話はいきなり急展開するが、
先日京王線に乗り、駅で発見したポスターがこちら。
高尾山をアピールするポスターに富士山が映り、コピーが秀逸だ。

「美しいなぁ、美しいなぁと
富士山と君を交互に眺めた。」

ぜひ京王線を使う若者には同じ台詞を高尾山で告白していただきたい。

電車のメリットは数多くあれど、
自分自身で運転しているより入ってくる情報が多いんじゃないだろうか?
と勝手な解釈をして、
電車に乗って出会った富士山を眺めての富士山三昧でした。

富士山を眺めて正月三昧 その2

223magazine_20170107

年末年始は何かと乾杯する機会が増えますね。

昨年暮れにご紹介した大月駅の富士山イルミネーションではありませんが、
私=富士山と覚えてくれる友人が多く、私を思い出すと
“富士山もの”を持って来てくれます。本当に嬉しい限りです。

そんな新年のお土産がこちら。
ラベルの開運の文字がなんとも縁起のいい新年にふさわしいです。

実はあまり日本酒は嗜まないのですが、おめでたい席と言うこともあり、頂きました。
いやぁ、開運の味がしてとても美味しかったです。

この商品を例に出すまでもなく、富士山と日本酒は相性がよく、
いろいろな酒蔵が富士山をネーミングしたり、
このボトルのように富士山をカタチどったりして販売しています。
いずれ、富士山日本酒シリーズとしてご紹介しますのでお楽しみに!

撮影 本人

富士山を眺めて正月三昧

223magazine_20170105

改めて、あけましておめでとうございます。

青山学院の駅伝優勝、鹿島アントラーズの天皇杯優勝と、
スポーツで明けた感じの年初めでした。
毎年天皇杯を観戦していると、スポンサーのものでしょうか、
富士山のイラストが描かれた横断幕が競技場全体に張られているのが嬉しいです。

さて、三が日共穏やかな天候に恵まれた関東方面からは、
美しい富士山がその姿を見せてくれました。

そんな富士山をパチリと撮影、本年もよろしくお願い申し上げます。

撮影場所 鎌倉七里ヶ浜
撮影者 本人

あけましておめでとうございます

img_4563

2017年はどんな1年になるのでしょう。

皆さまにおかれましては、どんな想いを胸に、初日の出に手を合わされましたか。

わたしは毎年、家族の健康と世界中の平和を祈ります。

色々と雑念も頭をよぎるのですが、シンプルにこの二つだけを祈願します。

富士山に手を合わせていると、自分の小さな悩みとか欲とかどうでもよくなってしまいます。

さあ、今年の初夢はどんなでしょうか?

2017年も富士山世界遺産国民会議と223マガジンをよろしくお願い申し上げます。

223マガジン 編集長  鈴木 重美

※写真は2017年のものではありません。

富士山街ネタ その8

img_4562

山梨に住む友人が送ってくれた写真がこちら。

「お前のことを思い出すと富士山が頭に浮かぶ」と言って、
携帯でわざわざ写真を撮って送ってくれた。
メッセージには「メリークリスマス!」とあった。
12月8日の着信だったので お返しにジョン・レノンの
「Happy  Christmas war is over」をYouTubeで送った。

昨今のイルミネーション流行りには驚かされることがある。
何の変哲もない川がいきなり名所になったりして、多勢の人が訪ねる。
確かにイルミネーションは美しいが、その量、すなわち規模での競い合いでなく、
やはりどこかほっこりするものが私の好み。
そんな中、この大月駅前のイルミネーションは色、規模ともセンスがいい。

もちろん富士山だからというのもあるが、
どこかノスタルジーを感じてしまうのは私だけだろうか?
実際に見たわけではなく、写真での判断に全ての情報を委ねるのは乱暴かも知れないが、
独断と偏見を持って 今年のベストイルミネーションは大月駅前に決定!


点灯期間  2016年12月1日(木)~2017年1月22日(日)まで

撮影は 田中くん(ありがとう 使わせて頂きました)

富士山街ネタ その7

img_4560

富士山好きには銭湯好きが多いのではないか?と言うのが自説。
理由は単純、銭湯には富士山壁画があるからだ。
日本銭湯文化協会の理事、町田忍先生によると、
この富士山壁画にはベスト3なるものがあると言う。
「西伊豆」「三保の松原」「富士五湖」だそうだ。

最近ではそんな銭湯が廃業していくニュースもよく耳にするが、
富士山を観ながらたっぷりのお湯に浸かる幸せは、また格別の趣きがある。
私が暮らす横浜にもそんな素晴らしい銭湯がまだ数多くある。

その一つ、東急東横線綱島駅のすぐ近くにある富士乃湯は名前からして富士だし、
当然壁画は富士山が美しく描かれている。
さすがにカメラを持ち込んでの撮影は気がひけるので、
ぜひお近くの方は御自身の目で富士山の姿を確かめて頂きたいが、
店構えからもネーミングからも、醸し出される富士山を愛する
店主の意気込みが感じられるというもの。

余談だが、綱島には2015年まで綱島ラジウム温泉があったものの廃業してしまい、
綱島エリアで残る唯一の温泉銭湯になってしまった。
立派な富士山のタイル画を眺めながら、今年の垢を落としてください。


富士乃湯
〒223-0053 横浜市港北区綱島西3-22-18

supported by