ニュース

富士山と桜9番勝負 一番バッター「狩宿の下馬ザクラ」

sakura_1st.jpg

所在地 静岡県富士宮市狩宿98-1
桜の見頃 4月中旬
詳しい情報 0544-22-1155
富士宮市 商工観光課

* 写真提供: ワイルドベンチャー

 

今年のお花見は「桜」と「富士山」を同時に楽しめるスポットを旅する予定である。
富士山が日本人に最も愛されてきた山であるならば、桜もまた日本人に最も愛されている花である。

花と言えば桜、山と言えば富士山。
桜が咲く国は多々あれど、日本人ほど桜に愛着を持つ国民はいない。
桜を理解できれば日本人が分かると言われるほど、その象徴的意味合いは強い。
桜が散る花びらを見ると切なさや無常感にとらわれるし、
自身の人生までをその散る光景にまでかぶせてしまうのは日本人だけだろう。

さて、そんな切っても切り離せない富士山&桜の旅
「これぞ王道」という名所から紹介しよう。
超がつくほどメジャーだがここを外すわけにはいかない。
一番バッター「狩宿の下馬ザクラ(かりやどのげばザクラ)」である。
その「下馬」の名の通り、どなたかがここで馬を降りて、桜を楽しんだのだろう。

さて、その人こそ、2012年の大河ドラマでのもう一人の主人公
源頼朝である。
鎌倉幕府成立年度とかつて覚えた1192年の翌年に
大がかりな軍事的な行事を敢行している。(*現在では1185年鎌倉幕府成立とする説が支配的である)
その時に立ち寄ったのがこの桜。
つまり1193年にはすでにこの樹は存在していたことになる。
推定樹齢800年越えの名木である。

樹命の最盛期は過ぎたということも言われているが、
満開に咲き誇るだけを桜に求めないのが日本人の美意識。
ぜひ桜の咲く頃訪ねて欲しい
一番バッター「狩宿の下馬ザクラ」である。

富士山イベントを開催いたします!

イベント名 プレ富士山ナイト ~全国の富士山ファン大集合!~
日時 2012年4月12日(木曜日) 19時スタート
場所 東京カルチャーカルチャー
(*詳細: http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_120308203879_1.htm
概要 2013年に世界文化遺産登録を目指す富士山。
そんな富士山をこよなく愛する方々へのご案内です。

富士山愛好家の楽しみ方は千差万別。
実際富士山登頂を目指す人。
ひたすら富士山グッズを集める人。
日本一の富士山を撮り続ける人など。
そんな人々のために富士山の楽しみ方をいろいろ見つけようというのが
「富士山ナイト」の趣旨なのです。
さらには世界文化遺産登録へ向けファン作りを後押しするのも
このイベントの重要な目的でもあります。

我こそは誰にも負けない富士山ファンという方、
ぜひ富士山ナイトにお集まり頂き、富士山を熱く語りつくしましょう。
今回は自慢の富士山写真をお持ちの方が主役。
愛好家はぜひご参加ください。

イベント内容 皆様より投稿頂いた富士山写真をイベント会場にある大型スクリーンに映写。
その富士山写真について参加者全員で講評します。
当日は写真に詳しい富士山写真専門家や富士山評論家も飛び入り参加予定。
まずはあなたのお気に入りの富士山写真をお送りください。
応募頂く作品はプロアマと問いません。
「自慢の富士撮り」お待ちしております。
交通アクセス magazine068_event_access_map.jpg
ゆりかもめ 「青海駅」前
りんかい線 「東京テレポート駅」より徒歩5分
観覧車の横!
参加費 前売り券1500円 当日券2000円(飲食代別途必要・ビール¥600など)
* 前売り購入サイト(PCでの購入)
  http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002074074P0050001P006001P0030001
富士山写真の
応募先
fujisan@naisg.co.jp
(形式:JPG / サイズ:2MBまで)
応募する作品に
ついて
御自身で撮影された、著作権が御自身にある作品に限ります。
 
【出演者】 鈴木重美(223マガジン編集長)
【企画・司会】 テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)

 

銘菓 富士山羊羹

magazine077.jpg

商品名 富士山羊羹
価格 1,350円(税込)
お問い合わせ 富士の麓で菓子作り
富士菓子匠 金多留満
URL http://www.kindaruma.co.jp/

 

羊羹(ようかん)好きである。
赤坂にある有名老舗菓子店の前を一度たりとも素通りしたことがない。
漱石は羊羹を「一個の芸術品」と称したが、
私にとって羊羹は「お菓子の世界遺産」と言っても過言ではない。

私の幼少時代、近所に叔母が住んでおり、
そこに行くとお茶請けに必ず羊羹が入っていた。
その羊羹を私が美味しいそうに食べるのを見て、
叔母は「この子は珍しいわね、子供のくせに羊羹が好きなのねエ」と
食べる度に言っていたのを思い出す。

三つ子の魂とはよく言ったものだ。
大人になってこの傾向に益々拍車がかかり、
最近では「オヤジのくせに羊羹好き」を自認している。
「羊羹」とはまた随分難しい漢字だが、
「憂鬱」同様、すらすらと漢字で「羊羹」と書ける人は私の周囲には皆無である。

さて、この羊羹、発祥が中国であることはあまり知られていない。
その字の如く「羊の羹(あつもの)」
つまり、羊の煮汁がその語源で、煮込んだスープが固まってできたというのが羊羹のルーツだ。
そんな中国発祥の羊羹は室町時代には日本に輸入されている。
きっとお茶がそうであったようにお坊さんが持ち込んだのだろう。
あくまでも想像の域を脱しないが、お茶と一緒に日本に入った羊羹を、
お坊さんがお茶請けに食べていると想像するだけで愉快だ。

前振りが長くなった。
そんな羊羹を富士山に見立てた逸品を紹介したい。
甘さ控えめ、富士山の部分は、北海道産の厳選した小豆を使用した小豆羊羹、
頂上に積もる雪の部分は手芒羊羹で表現している。
雄大な富士と羊羹。
実に素晴らしい組み合わせだ。
創業は明治44年の老舗の味、お見事です。
御馳走様でした。

メロンパンになった富士山

magazine066.jpg

自慢ではないが、メロンパンにはうるさい。
というのもかつてパン屋を経営していたことがあり、メロンパンを毎日食べていたからだ。
そのメロンパンは大ヒット商品だった。
そのヒット商品を生み出す過程で全国の美味しいといわれるメロンパンを食べ歩いたことがあった。
だからメロンパンにはついつい辛口評論になってしまうのである。

富士山のメロンパンがあるという噂はかねてから聞いていたが
私はあえて口にすることはなかった。
なぜなら
「富士山のメロンパン、“いかにも”だよな、どうせ、形を富士山っぽくしただけじゃないの」と
斜に構えていたからだ。
しかし古人の教えは正しかった。「百聞は一見にしかず」とはよく言ったもので、
自分の考えが100%誤りであったと認めるざるを得なかった。
正直美味しいのである。
「形だけでしょ」と言ったじぶんを恥じた。

ご存知の方もいると思うが、メロンパンには通常メロンは入っていない。
ベーカリーによってはメロンの味をつけるレシピや果肉を混ぜるタイプもあるが、
どちらかというと少数派に属する。
本来メロンパンとはパンの皮の部分にあたるところに格子状の溝をいれメロンぽく見せるだけである。

しかし、この富士山メロンパンには見た通り、普通メロンパンに付けられる紋様がない。
「これじゃ、メロンパンとは言えない」などと評論するつもりはない。
美味しいし、
見た目も可愛いし、
これでいいのである。

富士山五合目にある、
あまの屋の富士山メロンパン「富士子」。
メロンパンというには異次元のメロンパン富士、旅の途中に是非!
一個 250円也

富士山イベントを考案中

mtfuji_event065.jpg

山梨に住む友人が新聞を送ってくれた。
表紙にはご覧の通り素晴らしい富士山の写真。
2月23日付の「富士山の日特集」である。

それにしても見事な富士山の写真である。
私は「日本一のモデル」はもちろん富士山だと思っている。
実際、私の周りにもたくさんの富士山好きな写真家の方々がいる。

さて、この「日本一のモデル=富士山」を撮影している人ってどれくらいいるのだろう?
調べる術はなさそうだが、念のためGoogleで検索してみた。
すると3600万件という数字が目の前に表れた。
もちろんこの数字が直接的に富士山写真を撮る人の数と一致しないのは承知している。
しかし、富士山写真がたくさん存在していることはまちがいないだろう。

写真家にとって、富士山を撮影する全ての人にとって、
富士山とは一体どんな存在なのだろう?
この興味尽きないテーマを追究したく、
富士山好きが集まれるようなイベントができないものかを考えている。
そのイベントでは富士山好きな方たちと直接お話しがしたい。

目的はもちろん!
富士山世界文化遺産登録を目指してのものだ。

いろんな人が参加できるイベントを考案中。
決まったらご報告します。

富士山で祝う

magazine064.jpg FUJI-wan.jpg

商品名 FUJIWAN
価格 一つ3,150円    ペア5,250円(共に税込)
サイズ (大)φ133×高55mm (小)φ120×高50mm
素材 陶器 made in Japan
お問い合わせ floyd
URL http://www.floyd.jp/

 

~ メシは雪 湯気は雲海 腹は空  富士に見立てた 茶碗で頂き ~

223マガジン63で醤油皿を紹介したので今回はお茶碗。
今年1月にご紹介した富士猪口のシリーズの茶碗である。
「茶碗」と書くと、どうしても茶器の総称に聞こえてしまう。

茶碗は本来お茶を飲む器がそのまま、ご飯を盛る器にも使われるようになったことから
“お茶碗”と呼ばれるようになった由来を持つ。
江戸時代までは一般庶民は飯や汁のための木製の“椀”を使っており、
写真にあるような陶磁器の食器を用いるようになったのは江戸時代になってからと言われている。

茶碗の呼び名で言えば「夫婦茶碗」も忘れてはならない。
二つ一組のものを「ペア」「一対」など呼ぶが、この「夫婦茶碗」と呼ぶ感性こそ
日本人ならではのものだろう。

通常夫婦茶碗は大小ペアになっている。
この富士碗もそうだ。
大きいサイズの「him」と小さいサイズの「her」の2種類があり,
2個セットの「couple」はまとめて1つの箱に入っている。

大小ペアで新しく二人で生活を始める二人にぜひとも、
こんなセンスいい茶碗を贈って欲しいものだ。

名もなき富士

magazine063.jpg

人は1日に1度は食卓に向かう。
そんな食事の主役は色とりどりの料理だろうが
肝心要(かんじんかなめ)の名脇役、
それは食器である。(主役という人もいるが)

スーパーで買ってきた惣菜をおしゃれな小鉢に移すだけで、
飯(めし)がディナーになる。
そんな名脇役中の名脇役と言えば醤油皿だと私は思っている。

日本の食卓になくてはならない際立つ存在、
そんな醤油を受ける醤油皿で、富士山の形をしたものを発見した。
晩酌に鯛の切り身を紫色の駿河湾に泳がせば、至極悦楽間違いなし。
散歩の途中、鎌倉の陶器屋で発見、即購入。
この皿が我が家にやって来て以来、食卓での富士山醤油皿の登場はほぼ毎日。
和食率も高まっているのは気のせいか?

銘柄やメーカー名の版はとくにないが、
そんな名もなき名脇役にたまらなく惹かれている。

フジチョコフジトモと

223magazine_no062.jpg

商品名 テオブロマ Nippon 4個入り
価格 1,400円(税込)
お問い合わせ http://www.theobroma.co.jp/

 

2月も終わり、3月だと言うのにバレンタインネタで申し訳ない。
2月14日に頂いたチョコレートのパッケージは富士山。
以前ご紹介したおせんべいもそうだったが、富士山ネタお土産を頂くことが増えた。
「鈴木さんには富士山。」
そのように連想して頂けるようになれたと思うと正直嬉しい。

それにしても、チョコのパッケージに富士山である。
私以外、どんな人がこの富士山チョコを貰うのだろうか?
そんなことをつらつらと考えていたら、いたのである。

「鈴木さん、ボク、こんなチョコもらいました。いいでしょ!」と
ある友人が自慢気に出してきたのが、同じ富士山チョコ。
彼とは今年、共に富士山登頂を目指している、いわゆるフジトモである。
共に中年と呼ばれるのに全く抵抗のなくなったオヤジが二人。
今年もとりあえず、チョコをもらえた嬉しさとチョコのほろ苦さを噛み締めている。

中年とバレンタインチョコ!
見た目には少しシュールなシーンだ。
「富士山チョコは少し切ないビターな味がしたね。」と
どちらともなく感想を分かち合い、7月の富士山登頂を誓い合うのだった。

有坂さん新刊!

book_arisaka061.jpg

タイトル 富士塚ゆる散歩 古くて新しいお江戸パワースポット
著者 有坂蓉子
出版社 講談社
価格 1,680円(税込)

 

今年初めて買った富士山本「ご近所富士山の謎」有坂蓉子さん著を読み終えた。
感想は「さらに富士塚のことを知りたくなった」。
そんなことを考えていたら、実は有坂さん続編も書かれていたのである。
その名も「古くて新しいお江戸パワースポット 富士塚ゆる散歩」。
即行で購入し、拝読。

帯には「富士山好き江戸っ子の「粋」に触れる不可思議史跡ワールド」とある。
前書「ご近所」を読んで、私がまず抱いた富士塚の印象は「不思議なるもの」であった。
言葉をあえて選ばないで言うと「富士塚は不思議である」という結論に至った。
どうしてあんな山作っちゃったんだろう?
その不思議山「富士塚」が江戸にたくさんある不思議さの二乗ぶり、
さらに江戸っ子の「粋」ぶりがこの本から伝わってくる。

富士山は女人禁制の山。
しかし禁制と言われれば言われるほど行きたくなる、登りたくなるのが性(さが)。
さらに近けりゃまだしも、遠いときたもんだ。
「べらんめい、行けネエのなら、作っちまおうぜ!」と
江戸弁で粋なことを考えた江戸っ子が作ったのが
粋な山富士塚だったとも有坂さんは本著で書かれている。

粋な江戸っ子が作った山に実際登ることを決め、
これはもうご本人に直接お会いしてお話を聞きたくて、ついに連絡を取ってしまった。
そのインタビューは3月に「223インタビュー」でご紹介します。お楽しみに!

223な日

magazine060.png

撮影 武藤裕也

 

笠をかぶって富士山おめでとう!

今日は2月23日、富士山の日。
そして私が編集長をさせて頂いている223マガジンの日。
皆様一緒にこの日を迎えることができ、誠にありがとうございます。

さて富士山の年齢はいくつくらいでしょうか?

簡単におさらいしてみよう。
今から約二千万年前、現在富士山を形成している一帯はまだ海の中。
富士山の原型が出現したのは、今から2~300万年前だと言われている。
何とも雄大な誕生のドラマだろう。その後10万年ほど前になって,
小御岳と愛鷹山の間で新しい火山ができる。この噴火こそが富士山の誕生であった。
その後、小さな火山は噴火と共に成長を遂げていくことになる。

すなわち、ざっと富士山は100,000歳ということになる。
私たちの前にいつも変らぬ姿を見せてくれる富士山。
しかし悠久な地球史ではまだまだ若いようだ。

私の話で恐縮だが、イライラすること、悩みごとがあっても、
富士山に向き合うだけでスゥーと消えていく。
本当に不思議なくらいきれいさっぱりなくなるのである。
特にこの1年、このように富士山のことを常に考え、
富士山ネタを探すようになって以来、その傾向が強いように思えてならない。

そんな富士山を世界遺産にする活動のお手伝いをさせて頂ける幸せをさらに噛みしめ、
皆さんと富士山と2月23日という日に感謝を捧げたい。

ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

supported by