ニュース

「富士屋ホテル その二」

no018_image001.jpg

昭和20年の終戦の後、富士屋ホテルは連合国軍に接収されることになる。
当時、ホテル、公共施設はもとより、空港、利便性のある広い土地は、ほとんどが接収を受けた。
相撲の殿堂「国技館」や高校球児の憧れ「甲子園」も例外ではなかった。

接収の通知を受け、富士屋ホテルは、一般の営業を停止。この接収はその後9年に及ぶ。
写真のポスターは接収の解除を告げるもの。ポスター下部には「米軍接収解除、一般営業再開のポスター」と
但し書きがある。
ポスターにはすでに終戦の色はない。色彩からも、明るい未来を目指す機運が伝わる。
富士山の姿も悠々としてそびえ、復興へ向かう日本の姿を鼓舞するように見える。
このポスターや、その他富士屋ホテルの歴史がつまった資料室が花御殿地下1階にある。
そんな歴史や裏話を学べる「館内案内ツアー」(宿泊客限定)も人気だ。

「富士山が見えない富士屋ホテル」

しかし、沢山の富士山を感じることができる。
明治、大正、昭和、平成と富士山と共に歩んだ歴史の面影とホテルに隠された富士山を探しにこの秋、
ホテルを訪ねてはいかがだろうか?

問合せ先
富士屋ホテル
〒250-0404
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359
TEL 0460-82-2211

「富士屋ホテル その一」

no017_image001.png

今回の旅の目的地は富士屋ホテル。

1878年(明治11年)に誕生した日本で始めての本格的リゾートホテルである。
改めて、言うまでもないが、このホテルからは富士山は見えない。
この地で500年の歴史を持つ、「藤屋」の名前を「富士屋」に改名し、富士屋ホテルは誕生したとある。
(富士屋ホテル公式ホームページより)

では、なぜ富士屋を名乗ったのか、それはこのホテル誕生の背景にある。
「外国人のために作られたホテル」、外国人にとって富士山とは日本の美の象徴であった。

実際のところ、富士屋ホテルは1893年(明治26年)から1912年(大正元年)まで「外国人専用ホテル」であったのだ。

富士山の眺望を売りにしているホテルや旅館は数多くある。
もちろん、富士見をしながらの温泉は格別である。しかし、富士山が見えない富士屋ホテルに行くには訳がある。
それは富士山が見えなくとも、館内のいたる所で富士見ができるからである。

上記写真はチェックインの際、荷物に付けてくれる札。
「ONLY 1 HOUR FROM TOKYO」の宣伝文句をはじめ、全てがローマ字表記になっているところが、
かつての外国人専用ホテルの名残(なごり)だろう。
デザインの秀逸さも気に入っており、ホテルを訪れる度に、必ず持ち帰って大切にコレクションしている。

問合せ先
富士屋ホテル
〒250-0404
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359
TEL 0460-82-2211

「あの巨匠の銭湯ポスター」

no016_image001.jpg

世界のグラフィックシーン、アートシーンに新境地を切り開いた横尾忠則氏が描く銭湯ワールドである。
縦横無尽な活躍というのは横尾氏のためにある形容詞だろう。
その題材にはビートルズをはじめ、三島由紀夫、高倉健など、常に時代を象徴する人物が描かれてきた。

横尾氏はかつてインタビューで自身のデザインの原点は「大衆的な図像」と語っていた。
その最も大衆的な図像がこの銭湯画に表れている。
東京都浴場組合が制作した2002年の銭湯ポスターである。図柄は「富士山と逆さ富士」である。

湯船?の中央には女性と思いきや、男性が富士山を見上げている。遠くには海水浴(もしくは湖浴)を楽しむ人たちが見える。
しかしどこからどこまでが湯船であるか、この構図からは分からない。
その「わからなさ」が横尾風なのだ。素人の説明を寄せ付けない魅力が横尾画だ。
ツベコベ言わず、ひたすら鑑賞すればいいのである。

この富士山画以外にも2003年、2004年と3年連続で横尾氏は銭湯ポスターを描いている。
尚、このポスターは現在でも購入が可能である。

問合せ先
横尾忠則作 銭湯ポスター No1
4,000円(税込)
購入先は東京都浴場組合が運営するサイト
URL http://1010.shop-pro.jp/?pid=7983453
 

「風呂屋の富士山詣(もう)で」

no015_image001.jpg
記念品の「富士山と滝」ポスター

銭湯好きな私は、東京浴場組合が主催するイベント「風呂屋の富士山詣で」を毎年、楽しみにしている。
このイベントは今年で3回を数える。

参加の目的は、都内にある10軒の異なる銭湯に入るともらえる記念品のポスター。
今年は銭湯絵師の中島盛夫画伯が描いたポスターである。

全国温泉への旅も、もちろん大好きだが、身近な温泉旅行ならぬ、銭湯の旅を日々の楽しみにしている。
身近な上、料金も安い。さらに銭湯絵に富士山が描かれていれば、富士好きにはたまらない旅になる。

第3回「風呂屋の富士山詣で」(平成23年4月10日~9月30日まで)

問合せ先
〒101-0031
東京都千代田区東神田1-10-2
東京都浴場組合 スタンプラリー係
Tel 03-5687-2641
URL http://1010.or.jp/event/

まだ、間に合う!富士山登山認定書

image001.jpg

7月1日の山開きにあわせ、富士吉田市では富士山登山認定書の発行を行っている。
その認定書だが、7月中だけでも100通ちかくの認定の申請があったそうだ。
改めてその認定書を見てみよう。

富士吉田市のホームページにはこんな手順が記してある。

その一 馬返に開設する「富士山お休み処」で申請書を受取る
その二 富士山頂で本人写真撮影
その三 申請書と写真を提出
その四 登録番号入りの富士山登山認定書を発行
発行場所は
ふじよしだ観光振興サービス(道の駅富士吉田1階案内所内)
富士吉田世界遺産インフォーメーションセンター
富士吉田市観光案内所(富士急富士山駅内)

では、認定されるとどんな特典があるのだろう?

その一 富士山レーダードーム館・歴史民俗博物館・旧外川家住宅共通無料チケットをプレゼント
その二 道の駅富士吉田軽食コーナー吉田のうどん一杯無料サービス
その三 富士山の絵ハガキセットプレゼント
その四 ふじやまビール館「PLATZ」にてビール1杯サービス

おおよそこんな感じだ。
ポイントは徒歩での富士山登山であるということ。
馬返から頂上まで歩いて登った人のみに与えられる称号が富士山登山認定書なのだ。

認定書の発行期間は8月31日まで、さらに各種サービスは9月末日まで受けることができる。
認定書取得にはまだ間に合う、目指せ、富士山頂上へ!

問合せ先
山梨県富士吉田市富士山課
〒403-8601山梨県富士吉田市下吉田1842番地 Tel: 0555-22-1111(内線 404)
URL
http://www.city.fujiyoshida.yamanashi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=4522
 

富士山一合目からの旅 その四

travel_04_image001.jpg

travel_04_image005.jpg
 

今回のゴールである「女人天上」(にょにんてんじょう)に到着する。

この場所で、みんなで昼食。

かつて、富士山は女性の登山が制限されていた話は有名。

限られた年(庚申の年)のみ、修行場で7日間に及ぶ厳しい修行を終えた人だけに登山が許された。この「女人天上」は登山した女性がご来光を拝む遥拝所が設けられた場所に立つ碑である。

現在、富士山頂に登る人は、年間で30万人を超すとも言われている。

昨今の山ガールのブームで女性の登山者は増えている。仮に30万人の半数が女性だとして、約15万人の女性が富士山に登っていることになる。

すごい数だ!

女性の登山解禁は1872年(明治5年)。それまでは、この場所から富士の頂を眺めたのだろう。

時代は変わり、多くの女性が富士山を楽しんでいる。

テレビの話で恐縮だが、2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」でお龍が龍馬の後を追って、男装をして山に登るシーンがあった。女人禁止はしていたけど、そんな男装をして、富士山を目指した女性も、きっといたのだろう。

どうしても、富士山に登りたい、ご来光を拝みたいという強い意思は、現代の女性に間違いなく引き継がれている。

そんな会話をしながらの楽しい昼食。

どうして山で食べるお弁当はこんなに美味しいのだろう。

 

次はもう少し足を伸ばし、5合目まで行ってみよう、という約束を交わし、今回の旅は終り。その後、復路をゆっくりと下山。

富士山一合目からの旅 その三

travel_03_image001.jpg

travel_03_image003.jpg

 

鈴原天照大神社(すずはらあまてらすおおじんじゃ)を過ぎ、3~40分も歩いただろうか?

「二合目」と書かれた標識に到着。

ここには見事な社殿がある。

一緒に登った人が「富士河口湖にある里宮の本殿を移築した」と教えてくれた。

そこでしばらくの休憩をとる。

登山は同じぐらいのレベル、年齢のグループで登る場合もあれば、年齢もバラバラというパターンもある。私たちの場合は後者。

当日参加も含め、総勢10名、最年長の60オーバーの女性の方から、30代のビジネスマンまで、様々な人たちが一緒に目的地点を目指している。ひたすら上を目指す登山もいいが、多めの休憩を沢山とり、みんなで持ち寄ったおやつ、果物を味わいながら、ゆっくりと足を進めている。

登る速度が遅くなる理由がもうひとつある。

 

それは、登るにつれ、景色を変えていく、多種多様な植物たちの歓迎だ。

私のような植物図鑑を一夜漬けで勉強してきた者にも、なんとなく、広葉樹が次第に針葉樹に変わってきたのがわかる。

標高によって、植物分布が変わると、その本にも書いてあったが、まさにわずか数分の距離で緑の景色が変化している。

都会にいると、季節の変化を感じるのが難しいと言うが、ここではわずか数十メートルの高さの変化で、四季が変わる様を実感できると言ったら大袈裟だろうか?

次に登る時は、昨晩見た植物図鑑を携帯しようと思う。(続く)

ラベルの中の富士山 その二

 

ミネラル2.jpg

ラベル画:水平 譲氏【東京美術学校卒】 

 

1929年(昭和4年)の創業以来、富士ミネラルウォーター社は順調に成長してきた。

しかし、ここにも戦争が影を落とすことになる。

1941年(昭和16年)の太平洋戦争勃発後、「敵性語」が禁止となり、

「ミネラルウォーター」の文字は「富士鉱泉」に変更を余儀なくされた。

写真は当時の貴重なラベルである。

現在、水を買うことにまったく抵抗はないだろう。

しかし、戦前から水を販売している同社にとってはどうだったか?

「開業当時から、水は売れたのですか?」

不躾な質問を同社広報室にしてみたら以下のようなお答えを頂いた。

戦前に「水を飲む會」を実施し、今で言う、通販のようなシステムで、本数をまとめて宅配していたとのこと。

現在、水の宅配はかなり普及しているが、その分野においても同社はパイオニアだった。

また、当初、皇族、華族と言った一部の限られた方から販売を開始し、

少しずつ、一般にも浸透させていった、と言うこともお教え頂いた。

ミネラルウォーターが稀有の存在であった時代から、現在に至るまで、

富士山麓で採水された天然水は日本の食卓に欠かせない水であった。

このラベルはそんなミネラルウォーターの歴史を如実に物語ってくれている。

2007年より、富士山により近い富士吉田市の標高840mの地点で採水している。 

ラベルの中の富士山 その一

  ミネラル1.jpgのサムネール画像

 ラベル画:水平 譲氏【東京美術学校卒】 

 

 

 「223マガジン」を書こうと思ったきっかけは、この(写真の)ラベルにある。

「芸術」は美術館や画集の中だけでなく、身近なところにも豊富にある、

という私の持論に沿って、そのようなアートをご紹介しよう。

 

「富士ミネラルウォーター社」のラベルである。

富士ミネラルウォーター社の歴史は、そのまま日本のミネラルウォーターの歴史と重なる。

1929年(昭和4年)創業の堀内合名会社が富士身延鉄道株式会社(現JR東海 身延線)所有の

山梨県下部(しもべ)で湧出する名水を利用し、販売を開始している。

日本初のミネラルウォーターの誕生である。

さらにこの年、富士山麓電気鉄道(現富士急行)が、大月~富士吉田間を開業。


これによって富士山が身近になり、現在の富士登山の大動脈ともなった。

奇しくも同年、東京と下関を結ぶ特急列車に鉄道省の公募により「富士」と「櫻」という名が付けられ、

「富士」の名前が一層脚光を浴びることになる。

まさに富士尽くしの年、このラベルで国産初の卓上水を売り始めた。

そんな富士ミネラルウォーター社のお宝ラベルを数回に渡り、紹介していくので、ぜひお楽しみに!

富士山一合目からの旅 その二

富士山禊所.jpg

禊所の案内より抜粋

古来よりここから先は、富士山の聖域とされていました。

これより先へ向かう道者は大正期頃よりここでお祓いを受け、身を清めてから山頂を目指しました。

そのため、この禊所は「オハライサン(お祓いさん)」とも呼ばれていました。

 

 

 

集合場所から車で移動し、標高1,450メートルの「馬返し」に到着。

ここからは「乗ってきた馬を返す」ほど斜面が急になることを表している。

しかも、ここは俗世間と聖域である富士山を繋ぐ「結界」でもあった。      

そんな緊張感のある雰囲気が、眠気の残る体をピリッと覚醒させてくれる。

登山を前に、参加者全員でラジオ体操をして、いよいよ出発。

「禊所」(みそぎじょ)と呼ばれる場所を過ぎ、さらに10分ほど歩くと      

「一合目」と書かれた案内が見えてくる。

この「一合目」という響きがちょっと新鮮だ。標高は1,520メートル。

「そうか、ここがやっと一合目なのだ!」という感慨がよぎる。

案内の後方には、朽ちそうな木造の建物がある。

そこには「鈴原天照大神社」と書かれている。もちろん扉を閉ざしている。   

かつてここに大勢の参拝者が訪れたに違いない。目を閉じると、

そんな賑わいが聞こえてきそうだ。

 

道幅は極端に狭くも無く、斜度もほどほどで歩き易い。

さらに、何と言っても周りの緑の深さが素晴らしい。

景色を十分に楽しみながら、仲間とも会話が弾む。

 

(続く)

  

 

  

supported by